ぽよろぐ

【映画】「この世界の片隅に」は単に戦争の悲惨さを伝える映画ではない!日常の幸せを感じよう

投稿日:

この世界の片隅に

今日は「この世界の片隅に」は単に戦争の悲惨さを伝える映画ではない!日常の幸せを感じようのお話です。

この作品は、こうの史代さんの原作で、2011年と2018年にドラマ化されて、2016年にアニメ化されました。

なんと、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞していました。

アマゾンプライム会員なら、アニメ映画が無料で観られますので、オススメです。

この世界の片隅に

以下はネタバレを含みますので、これから観ようと思っている人はココまでにしておいて下さいね。

この世界の片隅にのあらすじ

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。

昭和19年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していくなかで、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。

だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、幾度もの空襲に襲われる。

すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。

それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。

そして、昭和20年の夏がやってきた。

引用元:Amazon

この作品は、第二次世界大戦中の広島を舞台とした作品です。

まだ女性の結婚相手を親が選んで決めていた時代でもあり、18歳の少女は知らない家で、突然主婦となりますが、戦争中の少ない物資でやりくりしている姿が印象的でした。

戦争がメインのストーリーですが、当時の人々の懸命に生きた物語となっています。

この世界の片隅にの悪かったところ

原作に忠実ではなかったようですね。

しかし、それが一概に悪い訳ではなく、監督の思いが込められた末の台詞や内容の変更だったので、原作どおりを求めるファンにとっては、少し物足りない内容でしょう。

しかし、原作を知らない者にとっては、じゅうぶんであり、蛍の墓と双璧をなす程の、戦争映画となったのではないでしょうか。

 

これまで、映画の感想では良いところと悪いところの両方を挙げることで、感想としてきましたが、正直悪いところが見当たらず、なんとか絞り出したのは否めません。

それほどまでに、良い映画でした。

この世界の片隅にの良かったところ

「戦争」というテーマにおいて、悲惨さを伝えることはもちろん、当時の人々の懸命に生きる姿を描くこと。

そして、そんな状況下においても「幸せ」を感じる力があることを描いた素晴らしい作品であること。

過度な演出を避けて、お涙頂戴の作品にはせず、淡々と日々の生活を描きつつも、その中で情緒的な部分はしっかりと描く。

本当に素晴らしい作品でした。

 

声優さんも、もちろん良かった。

主役のすずの声優は女優の「のん」さんでしたが、おっとりとして、しかし芯はブレないすずの役柄にピッタリでした。

まとめ

この作品は、「つまらない」という人も多くいます。

派手な演出や高揚感、トキメキなんかのエンタメ要素は少なく、どちらかと言えば、ドキュメンタリーに近いものであるからかもしれない。

 

それでも、原作の描かれなかった部分を追加した続編を望む声は多い。

続編は「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」です。

当初2018年に公開が予定されていましたが、2019年に延期されています。

2019年3月29日にテアトル新宿にて公開日発表イベント、3月31日には広島の呉で制作状況報告イベントもあります。

公開前にプライムビデオでおさらいしておきましょう。

この世界の片隅に

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-映画の感想, 本&映画&アニメ

Copyright© ぽよろぐ , 2019 All Rights Reserved.