ぽよろぐ

アマゾンプライムlトゥルーマンショーはただのコメディではないl映画

投稿日:2018年8月17日 更新日:

トゥルーマンショー

こんにちは。

今日は「トゥルーマンショーの感想」のお話です。

20年も前の作品なのに、今観ても面白い!

アマゾンプライム会員なら、無料で観られますので、ぜひどうぞ。

トゥルーマンショー

トゥルーマンショーは、あのMASKで有名なジムキャリーが主演です。

きっと、今回もハチャメチャな映画だろうと、ワクワクして観てみることにします。

以下はネタバレを含みますので、これから観ようと思っているあなたは、ココまでにしておいて下さいね。

 

 

 

 

概要

離島・シーヘブンで、保険会社に勤めるトゥルーマン・バーバンク(ジム・キャリー)は、「おはよう! そして会えない時のために、こんにちはとこんばんは!」が口癖の明るい青年である。

彼は生まれてから1度も島から出たことがなかった。

それは、父と一緒に海でボートを漕いでいたときに「嵐が来るぞ」という父の警告を無視して船を進め、嵐を回避できず海に投げ出された父親を亡くしたことで、水恐怖症を患ってしまったためであった。

ある日、彼がいつものように新聞を買ったあと、雑踏の中ひとりのホームレスの老人とすれ違う。

それは幼い頃、海に沈み亡くなったはずの父親だった。

しかしその直後、老人は瞬く間に何者かに連れ去られてしまう。

彼はこの出来事をきっかけに、自分の周囲を不審に感じ始める。

実は、トゥルーマンは生まれたときから人生の全てを24時間撮影されていた。

彼はアメリカ合衆国民ですらなく、彼の人生は全てそのままリアリティ番組『トゥルーマン・ショー』として世界220か国に放送されていた。

引用元:wikipedia

 

設定の面白さ

自分の人生がフィクションだったら?

自分ならどうするだろう?

不審を感じながらも、日々を過ごすのか?

作中では、純真なトゥルーマンを観たい人が大勢いて、視聴率は凄く高い。

人権侵害?なにそれおいしいの?って感じです。

だって、カメラ5000台で24時間撮られ続けているんですよ。

もちろん、寝ている間もずっと撮られていて、放送し続けています。

そして、トゥルーマンを舞台から逃がさない為の仕掛けが、とても面白い!

完全にコメディ作品です。

 

人生を決めるのは自分だと思いしらされる

とても純真なトゥルーマン。

だから、悩み、疑い、友達にも相談するが、その友達もグルだった。

周囲の人間は全てエキストラ。

そのエキストラのわずかなミスが、トゥルーマンに疑惑を与える。

自分の中の疑惑と、真実の探究心が、ついに水の恐怖心に打ち勝ちます。

そもそも水恐怖症になったのは、自分のわがままで水難事故にあい、父親を死なせてしまった事のトラウマからだったので、父親が生きていたことを知れば、トラウマも消えて水恐怖症が無くなるのでしょうか。

さすがに、そう簡単には行きませんよね。

それでも、海へ出て、今の世界から飛びだそうとするトゥルーマンは、決められた安全な毎日よりも、何が起きるか分からない毎日を選んだのです。

 

まとめ

ジムキャリーが主演なので、コメディ作品で間違いはありません。

しかし、ただのコメディ作品ではなく、考えさせられる部分が多い作品でした。

まだ観ていないのでしたら、ぜひ一度観てみて下さい。

作品時間も100分とまとまっていますので、サクッと観ることが出来ます。

トゥルーマンショー

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

-映画の感想, 本&映画&アニメ

Copyright© ぽよろぐ , 2020 All Rights Reserved.