ぽよろぐ

30代で始める楽天証券のイデコ【iDeCo】計画l年代別加入プラン

投稿日:2018年7月9日 更新日:

イデコ

こんにちは。

今日は「30代で始める楽天証券のイデコ計画l年代別加入プラン」のお話です。

イデコって何?って人はiDeCoに加入すべき3つの理由をお読み下さい。

30代は、イデコを始めるに1番良いタイミングだと言えます。

理由は、20代は投資にお金をかけるより、自分にお金をかけてスキルアップに使った方が、今後のあなたにとって有利だからと考えます。

そして、20代は将来を考えるという意味では、老後の為のイデコにお金を使うのはもったいないですよ。

 

なぜ30代はイデコを始めるには1番良いタイミングなの?

30代でイデコに加入すれば今後20年以上も加入出来ますし、30代は仕事やプライベートでも将来を意識した行動を求められる年代です。

特に30代後半は、家族や子供の将来、老後の設計等、色々なことを考える時期になりますので、加入するなら30代は最もオススメです。

しかし、30代は結婚や子供、マイホーム購入、仕事の責任が増えたり、様々な事がイデコの加入を先送りにしてしまいます。

やっぱり、イデコの加入を考えることと、結婚やマイホーム購入を比べると、誰だって結婚やマイホームを購入することについて考えますよね。

しかし、30歳で始めた場合と40歳から始めた場合では10年間の開きが出来ます。

その10年の差はどれくらいの差になるのかを次にご説明します

 

イデコにおける10年間の差は大きい

びっくり

30歳からイデコに加入した場合

月々の掛け金を20,000円と仮定した場合、加入期間は30年。

(20,000×12ヶ月)×30年=720万円

仮に年3%の運用益があったとすると、複利効果で約400万円の利益が出ます。

40歳からイデコに加入した場合

月々の掛け金を20,000円と仮定した場合、加入期間は20年。

(20,000×12ヶ月)×20年=480万円

仮に年3%の運用益があったとすると、複利効果で約150万円の利益が出ます。

 

イデコの10年間の差になる金額

このように、元本だけでも10年違えば240万円の差になってきますし、複利効果を併せると約500万円の差が出ます

どうですか?実際に数字として目にすると驚きですよね。

イデコは後から大きなお金をつぎ込むことは出来ません。毎月定額で上限も決まっています。中小のサラリーマンならほぼ23,000円が上限です。

あとから一気に挽回が出来ないのです。

これが、今の加入をオススメする大きな理由の1つです。

 

30代オススメiDeCo加入プラン

まず、iDeCo(イデコ)を始めるなら今!始め方と知っておくべき3つの事!でもお話したように、イデコを始めるには専用の口座を開設する必要があります。

僕は日頃、楽天市場を使っていることもあり、オススメは楽天ポイントが使える楽天証券です。

楽天証券は、口座管理料が永久に0円なので、とってもお得です。

さて、本題ですが、30代では積極的にリスクを取っていく組み方をオススメしますが、ハイリスクはオススメしません

つまり今の段階で、債券をメインにする資産運用(低リスク)と、新興国株式(高リスク)をメインにする資産運用はオススメしません。

これが、定年が近い人なら値動きの少ない債券運用をオススメしますが、あなたはまだ30代です。

リスクはあっても、リターンを狙える方が良いと考えます。

楽天証券で始めるなら、少しのリスクと低い信託報酬得の

海外株式の楽天バンガードファンド(全米株式)

国内外株式の楽天バンガードファンド(全世界株式)

をオススメします。

理由は、2019年楽天証券のiDeCo【イデコ】!オススメはこの2つ!をお読み下さい。

 

まとめ

30代は目の前のことに必死で、イデコのことまで考えていられないのが、現状だと思います。

しかし、イデコに加入しておけば、同年代の周りの人よりも、将来に向けて大きなアドバンデージを得られますよね。

これは単にお金だけの話では無く、心に少し余裕が出来ることにも繋がるのです。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-イデコ(iDeCo), 投資

Copyright© ぽよろぐ , 2020 All Rights Reserved.