ぽよろぐ

アマゾンプライムlトリプルX:再起動の圧倒的な突き抜け感l映画

投稿日:2018年5月9日 更新日:

トリプルエックス

こんにちは。

今日は「トリプルX:再起動の突き抜け感」のお話です。

ド派手!筋肉!そして筋肉!の映画でした。ストーリーの評価は横に置いておきましょうね。

 

ただ、観ていて楽しい!Xゲームズを観ているのと同じ感覚です。

主演はワイルドスピードシリーズの主演と同じ、ヴィンディーゼルです。

以下はネタバレを含みますので、これから観ようと思っている方はココまでにしておいて下さいね。

 

 

 

 

 

この記事の目次(もくじ)

ストーリー性

評価なし。

以上。(笑)

ストーリーうんぬんでは無いんですよ。

ただ映像として面白い作品です。

楽しめる作品としては間違いありませんし、衛星を落下させるだの、そんなストーリーは気にしなくても良いんですよ。

人物やアクション、ジョークの効いた会話を観ているだけで、それだけでこの映画は正解なのです。

ただ、冒頭のサミュエル・L・ジャクソン演じるギボンズは、アヴェンジャーのスカウトを連想させる内容で、ラストの伏線になっていましたので、その部分はストーリー性を感じずにはいられませんでした。

 

アクション

人智を超えたアクションです。それは間違いないです。

ヴィンディーゼル演じるザンダーケイジ、ドニーイェン演じるジャン、トニージャー演じるタロン、どの俳優も超絶なアクションを魅せてくれます。

銃を撃ちまくり敵を一掃、ありえない奇跡的なアクションで数々の危機を乗り越えます。

そのアクションを観るだけでも、この映画を観る価値はあります。

 

キャラ

とにかくキャラが立っています。

どのキャラも個性的で、一人としてキャラが被る人は出てきません。

まぁ頭脳派なのは一握りで、大多数は脳筋ばっかりです。

脳筋ばっかりなので、お互いが分かり合えると言いますか、敵として殴り合えば、次は仲間になるみたいな、完全に中2病です。

そして、それぞれのキャラが好きに暴れ回ります。

とにかく暴れ回ります。

 

まとめ

完全なご都合主義な映画としてある意味突き抜けていますが、それが観たくて観る映画です。

味方は誰も死なず、敵は全滅!それがこの映画です。

楽しく面白い映画が観たいなら、この映画で間違いありません!

アマゾンビデオで観るならコチラ

トリプルX:再起動

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

-映画の感想, 本&映画&アニメ

Copyright© ぽよろぐ , 2020 All Rights Reserved.