ぽよろぐ

アマゾンプライムlボーン・レガシーの感想l映画

投稿日:2018年4月25日 更新日:

こんにちは。

今日は「ボーン・レガシーの感想」です。

ボーン・レガシーは、マッドデイモン演じるジェイソンボーンのシリーズの1つです。

僕はジェイソンボーンのシリーズが好きなので、とりあえず観てみようと思いました。

あれ?マッドデイモンは?と思いましたが、ボーン・レガシーはジェレミー・レナーという人が主演をしていたようです。

なぁんだ、ジェイソンボーンは出てこないのかぁ・・・と気落ちしましたが、ストーリーが進むほどに、段々と面白くなり、結果的に観て正解の映画となりました。

以下はネタバレを含みますので、これから観られる方はここまでにしておいて下さいね。

 

 

 

 

 

感想

ジェイソンボーンのシリーズの1つということだけあって、ストーリーの時間軸は、「ボーン・アイデンティ」と同時期に設定されていました。

直接的な交わりはありませんが、時折ジェイソンボーンも出てきて、同時進行というか、裏ではこんな事もあったのかと思わされる作品でした。

ジェレミー・レナー演じるアーロンクロスが主人公で、「トレッドストーン計画」「ブラックブライアー計画」「アウトカム計画」を極秘にしておきたい国側との対立が主目的の映画ですが、これが分かりにくいです。

ジェイソンボーンの時と違い、ストーリーのテンポも悪く、回想シーンが多いので、まず現在のストーリーがどうなっているのかを理解しないといけない。

なんとなく観ていると、単に薬が切れて、薬を欲しているだけの男の話に見えてきます

メインストーリーは薬を手に入れるお話ですけどね。

薬を手に入れる為に、あの手この手で薬に近づくストーリーと言われればそんな気もしてきます。

アクションシーンやカーチェイスもジェイソンボーンの方が迫力があって、頭脳戦においては、今作は全然無かったと言っても良いくらいでした。

僕は特にラストが不満でした。最強と言われた敵が、戦士でもないただの研究員の蹴りで死んでしまうのですから・・・、せめてアーロンと格闘するシーンが欲しかったです。

ジェイソンボーンのような作品を期待して観ると、残念な結果になるかもしれません。

それはやはり、ジェイソンボーンシリーズの1つだと思い観ている事が大きな要因だと思います。

ジェイソンボーンシリーズは傑作なので、同じくらいの期待値で観てしまうと、あれ?って思ってしまします。

しかし、ボーン・レガシー単体で映画を観れば、まぁまぁ良く出来た映画だと言えるでしょう

アマゾンプライムビデオで観るならコチラ

ボーン・レガシー 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

-映画の感想, 本&映画&アニメ

Copyright© ぽよろぐ , 2020 All Rights Reserved.