ぽよろぐ

行政書士が解説!あなたの「せどり」は、古物営業法違反になっていませんか?

投稿日:2018年4月19日 更新日:

こんにちは。

今日は「あなたのせどりは古物営業法違反になっていませんか?」についてお話します。

あなたは、「せどり」という言葉を聞いた事があるでしょうか?

せどりは古物商許可が必要かどうかの判断に迷いますよね?

ここでは、しっかり説明していきます。

 

「せどり」と「古物商」の定義

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。

引用元:Wikipedia

ウィキペディアでは、このような定義付けがされていました。

でも、これって古物商の許可に違反しないのかな?って思いませんか?

古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物を、業として売買または交換する業者・個人のことである。

なお、古物をレンタル、リース等する場合であっても、顧客に貸与し、または顧客から返還を受けることが同法の「交換」に該当し、古物商に該当する。(後述の「古物」ではない物品を仕入れてそれをレンタル等する業態は古物商に該当しない。)

引用元:wikipedia

 

何が違うの?ケース別違反事例

簡単に言えば、新品を購入して新品のまま売れば、基本的には古物営業法違反にはなりません。

しかし、中古品を仕入れて転売すると、古物営業許可が無ければ法律違反となります。

ここで、新品とは何か?が重要になってきます。

新品とは一度も市場に出ていない物が該当します。

新品以外は古物営業法における「古物=中古品・新古品」となります。

 

ねこぷよ
難しいね、具体例は無いの?

 

例えば、イオンの店頭に置いてある商品は新品ですが、あなたが購入した時点で中古品となります。

また、自動車はメーカーで作り、その自動車をディーラーが購入し、お客さんに販売しています。

しかし、メーカーで作られた自動車は直接市場には出ませんので、ディーラーが売る自動車は中古品とはならず、新品の扱いとなります。

では、個人がせどりを行う場合、古物商が必要な具体的なケースを考えてみましょう。

 

ケース1 新品の商品を購入して、自分では使用せず、新品のままで売る

基本的には古物営業法には違反しません。

 

ケース2 新品の商品を購入して、自分で使い、その後転売する。

基本的には古物営業法には違反しません。

 

ケース3 中古の商品を購入して、自分では使用せず、中古品のままで売る。

古物営業許可が必要になります。

 

ケース4 中古の商品を購入して、自分で使い、その後転売する。

これは、グレーゾーンです。

その理由は、購入時から自己使用よりも転売目的として商品を購入していれば許可が必要となりますが、自分が使う目的で購入し、その後不要となった為、転売しているケースだと許可が不要となるからです。

例えば、最近流行のメルカリ等で、自分が必要なくなった商品を売っている方がたくさんいます。

 

売っている方が初めから転売目的で購入していれば、古物商の許可が必要となりますが、自分が使うために購入したものであれば、転売しても許可の必要は無いことになるのです。

 

ねこぷよ
じゃあ、初めから自己使用の為に買ったものを転売してると主張すれば問題ないね
ねこぽよ
いえいえ、主張と事実が違えば違法ですよ

 

例えば、古本を毎月数百冊も購入して転売していたら、本当に自己使用ですか?となりますよね。

また、ネット上で買い取りサイトの運営等を行っていれば、完全にアウトです

 

罰則

古物商の許可を取らずに、古物営業をした場合の罰則は、古物営業法第31条に書いてあります。

具体的には、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

 

まとめ

そもそも古物営業法は、売買される古物の中には窃盗の被害品が入る可能性があり、盗品の売買防止や被害品の早期発見等を目的に作られています

せどりをやってもらうのはもちろん良いのですが、知らないうちに法律違反とならないようにすることが重要です

せどりの高額セミナーや、30万円支払えばあなたもすぐに月に100万円稼げる方法をお教えします等のあやしい情報が多いですが、目の前ににんじんをぶら下げて、カモが飛び付いて来るのを待っているだけなので、あなたも気を付けて下さいね。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-法律関係

Copyright© ぽよろぐ , 2020 All Rights Reserved.